+Smile=Happy




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
++京都の思い出vol.1++ :: 2012/10/03(Wed)

+Smile=Happyへようこそ!!

今日も遊びに来てくださってありがとうございます♪


本当に遅くなってしまいましたが、先月の京都旅行のことです。
思い出として載せようと思ったら画像満載になってしまったので
3回くらいに分けて更新したいと思います。
お付き合いください。


京都1日目は、おたふく(笑)ちゃん、akoさんと京都駅で待ち合わせ。
深夜の高速バスで松本と新潟から京都へ。駅で身支度を整えました。
akoさんは朝早くに滋賀を出て京都へ。
mizuka&もおたふく(笑)ちゃんもakoさんに会うのは久しぶりです。
3人で再会した途端、朝早いのにもう大興奮(≧∀≦)
その興奮のままバスに乗り、最初に向かったのは・・・

「糺の森」 朝の清々しい空気とたくさんの緑に囲まれて、とっても気持ちいい~♪♪

12100301.jpg

そのまま数分歩いて「下賀茂神社」へ到着です。

12100302.jpg


お参りを済ませ、次に向かったのは「百万遍さんの手作り市」
毎月15日に開催されているのを数年前から知っていて、今回ちょうど開催日に
当たるのでぜひ行きたいと思って、みんなに提案★

百万遍知恩寺の境内に450店舗くらいお店が出ているそうで、
もうお店の数も人の数もすごいんです!!
色んなジャンルの手作りがいっぱい。
お花やリース、キャンドルや布小物、お漬物や焼き菓子など
何時間いても飽きないくらいでした。

12100303.jpg12100304.jpg
12100305.jpg12100310.jpg

おたふく(笑)ちゃんは早速素敵なモノを見つけてGETしましたよ♪

そして、京都のガイドブックを見ていて見つけた珈琲屋さん。
「御多福珈琲」さん。 実店舗があるのでそこに行こうと話していたのですが
百万遍さんに出展しているのを知って、ここで休憩。

12100307.jpg12100306.jpg

美味しいコーヒーで喉が渇いていたのもあって、一気に飲みほしちゃいました(^^;

ここにいたら何時間あっても足りない!ので、一通り回ったところで次へ移動です。

お次は、叡山電鉄叡山本線の可愛い電車に乗って一乗寺の「恵文社」さん。

12100308.jpg12100309.jpg

たくさんの本と、素敵な雑貨が置かれている本屋さん。
以前京都に来た時にも恵文社さんに来て、ここの雰囲気がすごく気に入って
今回もmizuka&の要望でここへ来ました!
もちろん、ここで素敵なモノをGETです♪♪


一乗寺から河原町へ移動して、この辺でランチしよう☆ということで
飛び込んだのが 「祥風楼」さん。
とっても素敵なお店と素敵なお店の方。
出てきたお料理もすっごく綺麗で、美味しくて・・・

12100311.jpg
12100312.jpg12100313.jpg

見たことのないお野菜などがあり、色々お店の方から教えてもらったり
やっぱり西と東では食文化が違うんですね。知らないことや意外なことがたくさん。
そして、話していたら新潟にご縁のある方で話が盛り上がって・・・
すっごく楽しい時間を過ごさせてもらいました。
気付いたら、もうすでにランチの時間が過ぎていてビックリしました。
本当にお料理は美味しいし、居心地の良いお店で京都へ行ったらまたぜひ行きたいです。
それにここは日本酒の「黄桜」のお店だということを食後に聞き
ここでしか飲めない地ビール、黄桜の「京都麦酒」が頂けるんですって☆
akoさんもおたふく(笑)ちゃんもお酒が苦手なので、ここへはダンナちゃまと来よっと。


京都のお料理でおなかもいっぱい。そして午前中に使った体力もフル充電して
いよいよ、大好きな雑貨屋さん巡りへ出発です=33




~~~ 今日はここまで。次回へ続きます。 ~~~

よかったらまた、続きを見にきてくださいね!
お待ちしてま~すっ♪♪



ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。 本当に嬉しいです♪♪
読んだよ~の印にポチッとしていただけると、とっても励みになります。
↓1日1回クリック↓お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. おでかけ
  2. | comment:0
<<++京都の思い出vol.2++ | top | ++ 10月カレンダー ++>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。